外資系企業に転職するための4つの方法とは?

スカウトされるのを待つ

自分の能力に自信があり、仕事面で活躍していると感じているのであれば、スカウトを待つことも有効です。一般的に企業には、競合している企業の存在がありますが、人材を大切にしている外資系企業では、競合企業に在籍している能力の高い人材をスカウトすることもあります。スカウトによる転職だと、収入アップは確実なので多くのメリットがあるといえるでしょう。

知り合いに紹介してもらう

友人や元同僚などに外資系企業で働いている知り合いはいるでしょうか。もしそのような知り合いがいれば、自分も引っ張ってもらえるようにお願いしてみるのがいいでしょう。実際、知り合いに紹介してもらう方法で外資系企業に転職する人が多いからです。この方法が利用できるのは、日本に進出したばかりで組織を大きくしたいと考えている外資系企業です。

転職サイトに直接応募する

スカウトをされるほど目立った活躍はしていないし、外資系企業に勤めている知り合いがいない場合は、転職サイトに直接応募してみるのがいいでしょう。転職サイトは事前に登録しておけば、定期的に求人をチェックすることができるからです。それによって、自分が希望している求人を見つけることができます。

転職エージェントを活用する

仕事が忙しくて転職サイトをこまめにチェックしている暇がない人におすすめなのが、転職エージェントを活用することです。転職エージェントは外資系企業と太いパイプで結ばれているところが多いので、抜きん出て能力や語学力が高くない人でも比較的スムーズに転職することができます。

外資系求人は、国内企業同様に一般の求人サイトや転職エージェント経由でも見付けられます。しかし、外資系に特化したエージェントを利用するのも、英語面接向けのアドバイスが豊富など、メリットがあります。