期間工に応募したらどこで働くの?給料で選んでも大丈夫?

大手メーカーが地方で募集

日本には世界で有名なメーカーが多く、人件費を削減するために世界各地に進出して工場を作っています。日本は都市部だと土地が高いですし人件費もかかりますが、日本の技術が必要な時にはどうしても日本で工場を作ってそちらで生産をしなければいけません。求人広告の中には期間工を募集するものがあり、誰でも良く知っている大手メーカーが募集をしているケースが多いでしょう。ただ工場のあるところが勤務しやすい都市部ではなく地方になるため、通勤をして働きたい人には向きません。それらの工場には近くに寮を用意してくれていて、そちらで住み込みをしながら働けるケースが多いです。一定期間のみの仕事を前提にしているので、それほど難しい作業を任されたりはしません。

仕事内容と居住設備を確認

期間工は期間を定めて雇用される工場での仕事になり、求人などを見ると大手自動車会社などから募集されるケースが多くなります。大手会社なので給料は一般の会社よりも高めに設定されるケースもあり、それだけを見て応募してしまう人もいるかもしれません。地元などで通勤しながらの仕事なら、合わなければすぐに退職したりもできるでしょうが、期間工として採用されると引越しもしますし、簡単には退職できないときもあります。面接のときなどに仕事内容を確認し、自分ができる仕事かどうかを知った上で働くかどうかを決めるようにしましょう。住むところは寮の可能性が多いですが、個人部屋があるのか集団部屋になるのかなどの確認をしておくと行ってからの後悔を減らせます。

期間工とは、数か月というように期間を定めて就労する形式で募集される工場労働者のことです。自動車産業を中心に多く見られ、宿舎などの働きやすい環境が充実していることが多いです。