外資系企業に転職する選択肢、有能な若手程、評価される労働環境です!

日本企業の労働環境に閉塞感を覚えたら

今現在の働き方に不安を覚えたら転職を前向きに考えたいところです。実際に若手社員の多くが転職をしています。一昔前の日本社会では、終身雇用制度がありました。更に年功序列制度があり、真面目に一つの会社に在籍した方が暮らしと家計は安定しました。多少待遇に不安はあっても、我慢して新卒採用された企業を勤めあげた方が、結婚やマイホーム購入がスムーズに運んだのです。ところが今現在では終身雇用制度と年功序列制度は形骸化しており、数多くの日本企業が実は行き止まりに遭遇しています。

いわゆる有能でポテンシャルの高い若手社員程、日本企業の中で「浮きこぼれ」になっているのです。上司が正しく自分の実力を評価してくれない、もっと大きなプロジェクトに携わりたい、英語力やITのスキルを活かして国際舞台で活躍したい、こういった切実とした思いを抱いている方は外資系企業に転職してみましょう。

外資系企業は有能な若手に嬉しい環境です

欧米諸国に引っ越して、そこで新しいライフスタイルを送るという選択肢もあります。しかし日本の国自体は好きであり、安定した衣食住の環境があり、なおかつ地元の友達や家族と離れ離れになるのは辛い、これが海外移住の難点です。外資系企業への転職のメリットは、日本の国に暮らしながら、労働環境だけは日本企業のそれではなく、グローバルな形に出来る点です。日本企業特有の閉塞感がなく、若手社員の実力をフェアに判断してくれるのが外資系企業の利点であり、本人の実力次第で短期間でリーダー的存在になれたり、国際的な商談に携われます。

外資 IT企業で働くためには、勿論語学力が求められることは多いですが、採用職種や業務内容によって重要視されないこともあります。語学力以前にまずはエンジニアリングスキル等の業務能力次第です。